コスモノート

好きなことを、好きなように。

カテゴリ:僕のヒーローアカデミア

アニメも始まってますます勢いに乗る僕のヒーローアカデミア、今週も感想書いていきます!ネタバレあり。前回、オールマイトがちょっと汗を垂らしながらヴィランのアジトに突入する寸前!ってところまで進んでいました。今週はデクサイドから。八百万がホステスに間違われて ...

僕のヒーローアカデミア、感想書いていきます。ネタバレあり。まだまだ胸糞悪い記者会見が続いています。すごくわかりやすく挑発的な記者に対しても、イレイザーヘッドこと相澤先生は冷静に対応していましたね。生徒を何十人も預かって、責任ある立場としてう振る舞い、その ...

アニメ・僕のヒーローアカデミア第2話!感想書いていきますふぅ… 引っ越しやら何やらしていたので更新が遅くなってしまいました。先週からの続きですが、まずは田等院商店街で爆轟がヘドロヴィランに襲われるところですね。アニメの規制の問題か、爆轟のクラスメイトがタバ ...

僕のヒーローアカデミア、感想。ネタバレあり。はじめていきます!病院でお母さんと電話するデク。そのデクに対して「雄英 行かなきゃダメ……?」と問いかけるお母さん。息子を応援したい気持ちはやまやまでも、その気持より心配が上回ってしまうと、そう言ってしまうよなあ ...

ついに!ついについについに!僕のヒーローアカデミアのアニメが始まりました!もちろん感想書いていきます!ネタバレあり。第一印象は、とにかく画が動く!とっても動く!これは期待以上でした。スタッフのみなさの気合が感じられます。ポルノグラフィティの曲と一緒に流れ ...

どもども、僕のヒーローアカデミアの感想です。ネタバレあり。前回の続きから、爆豪を助けに行くかどうかというシーンです。常識的に考えると飯田や梅雨ちゃんのいうことが正論です。同じくヒーローを志すみんなの中でも考えが一つにまとまらないようで、それはそれでやはり ...

なかなかヒーロー側にとっては厳しい状態になってきた僕のヒーローアカデミア。感想書いていきます。ネタバレあり!ヴィランが去ったものの、ヒーロー側の被害が大きいことがわかってきましたねぇ。デクの悲痛は叫びが痛々しくて辛いです。その姿を見たお茶子さんは何を思っ ...

さてさて、今週のヒロアカ、感想です!ネタバレあり。かっちゃんはどうなるんだ… 結構なNARUTO感が出てきましたぞ…「来んな デク」ってのは、どういう意味で言ったんでしょうかね。かっちゃんなりにデクを気遣ったのか、やっぱりデクに助けられるのはプライドが許さないの ...

今週も書きます。ヒロアカ感想です。ネタバレあり!前回、爆轟が奇術師のヴィランに奪われてしまってからの続きです。奇術師ヴィランは爆轟だけでなく、常闇まで「貰っちゃった」ようです。「貰うなよ!」というデクの返しがちょっとギャグみたいですね。デクも痛みと興奮と ...

今週も盛りだくさんでしたヒロアカ!感想です!ネタバレありです!常闇くんの黒影(ダークシャドウ)はやっぱめちゃ強!これでコントロールできちゃったら漫画にならないわ。コントロールできなくていいわしばらく。チートだわ。でもめっちゃ強いのに光ですぐ「ひゃん!」っ ...

ヒロアカ感想、今週も書いていきます!ネタバレありです。障子くんの腕の負傷は、ヴィラン・ムーンフィッシュに奇襲された時に負ったもので、それが常闇の黒影(ダークシャドウ)を暴走させる引き金になってしまった、という状況ですねぇ。障子は「常闇の義憤や悔恨が…」的 ...

前回の引きの画は結構わくわくさせてくれる感じだったヒロアカ、感想書いていきます。ネタバレありです。洸汰くんを抱きかかえて走る相澤先生。なんか子供を抱いていると優しい人に見えてくる不思議。いやまあ、相澤は十分優しい人だけども。洸汰くんはボロボロ泣いちゃって ...

前回のラストでデクくん死んじゃってないか大心配だったヒロアカ、感想書いていきますー!1,000,000%のスマッシュを打っちゃったデクですが、まあ気持ちの強さの表現であって、実際には100%ちょっと超えってくらいの感じだったでしょうか。ここで死んじゃあ話が終わっちまう ...

ヒロアカ7巻、通常版に続きCD同梱版も購入しました!くうぅ!!表紙が別バージョンじゃなかったら買ってなかったかもしれない!ドラマCDに手を出すのは今回が初めてでしたが、感覚的にはお布施に近いです。堀越先生の活躍をお祝いしよう!的な。でも結論から言って、買ってよ ...

ヒロアカも早いもので7巻発売です!めでたい!ということで、感想書いていきます〜収録は「No.54 :Reインゲニウム」から「No.62 爆轟勝己:オリジン」までです。7巻は最初から加筆、修正が凄いです。ジャンプ本誌で読んでても特に不満は無かったけど、より良くしようという意 ...

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ