コスモノート

好きなことを、好きなように。

カテゴリ:シベリア鉄道

シベリア鉄道7日目。今日はいよいよモスクワに到着する日だ。6泊7日を過ごして、ある意味慣れてきた鉄道車両から出なければいけない。それはそれで、結構なドキドキ。まだ日が出てない時間から目が覚めてしまった。鉄道内では、すでに降りる準備をしている人も、まだ寝ている ...

さて、シベリア鉄道での旅もそろそろ終盤。6日目だ。当時、鉄道内でノートに簡単な日記をつけていたのだが、そこには「シャワーが浴びたい」「キンキンに冷えたコーラが飲みたい」と書いてあった。当たり前から少し遠ざかると、欲望が湧いてくる。シベリア鉄道乗車3日目から ...

ロシア版柳沢慎吾のおしゃべり地獄に耐えながら5日目を迎えた。今日もやっぱり朝からずっとしゃべっている。僕は眠くもないのに寝るふりをして、なんとか「寝るんだから気を使えよこの野郎」作戦をやってみたが、効果は薄かった。ロシア兵5人組も加わると更に騒がしくなった ...

チタから乗ってきたおじさん達、1人はふくよかで明るい性格で、もう一人はがっしりとした体格で口数は少なかったが、穏やかな雰囲気だった。(画像はhttp://www.travel-plaza.co.jp/tour_russia5.htmlより引用。赤く点をつけた駅がチタです)最初は安心した。常識のありそう ...

シベリア鉄道に乗車して3日目。車内の雰囲気にはだいぶ慣れてきた。この日は、択捉(えとろふ)島で兵士をしているという若者5人組と出会った。彼らとは6日目までなんだかんだで絡みがあるのだが、特に印象に残っていることは、自分たちがロシアの軍人であることを自慢気に話 ...

僕は今、2013年の7月から9月にかけて行ってきたヨーロッパ旅行をネタにエントリをかいています。大体2ヶ月半に及ぶ旅だったのですが、エントリではシベリア鉄道に乗車して2日目、日本を発ってから5日目辺りかな?まだまだ進んでいません。「ちょっと小説っぽく書いてみたい」 ...

シベリア鉄道に乗車して2日目を迎えた。昨日の夜はよく眠れた。毎日慣れないこと続きで、心も体も疲労しているのがわかった。目が覚めてすぐ、異国の人たちと目が合うと、なんとも不思議な感覚だ。目が覚めてからも、特にすることが無い。トイレに行って、歯を磨いて、顔を洗 ...

シベリア鉄道が発車してからしばらくは感慨に浸っていたものの、なんせ車中は暇である。乗車初日は最初だけ迎えの席の親子と絡みがあったくらいで、あとはひたすらぼーっとするのみだった。なんてことない景色だけど、まだこの時点では車窓からの景色に新鮮味があっただけマ ...

シベリア鉄道の車両に乗り込むと、ひんやりとした空気が身を包んだ。はじめは緊張のせいだと思っていたけど、しっかりと空調が効いていたためだった。自分の席へ向かう。上下2段にベッドがあり、それが向かい合ったボックス席がある。通路をはさんだ向かい側には、壁に沿って ...

初めてのホステルはちょっとおっかなびっくりだった。あたりまえだけど、スタッフも宿泊者もみんな外国人だ。 でも、みんな英語で話している。この前に泊まることになるホステルも、みんな英語だった。僕は英語が喋れない。独学で5000ほどの単語とフレーズを頭に詰め込んだけ ...

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ