ここで言いたいことはただひとつ。


騒音とは闘うな。耳栓とノイズキャンセリングヘッドフォンでひたすら防御!ということ。

それがわかったらここから下は読まなくて問題なです。


なぜか気になる人は続きもどうぞ。


騒音問題は基本的に騒音をだしてる側が有利。


僕が騒音問題に悩み始めてからいろいろ調べたりやったり苦情出したりした結果、
基本的には騒音出してる人を特定してやめさせるのはかなり難しい。


面倒なので難しい理由は書かないけど、とにかく書きたくないほどめんどくさい。


そもそも、騒音に限らず他人の行動を変えるってのがかなり難しい。
騒音主は普通に暮らしていると思ってて、普通を変えろと言われてすんなり変える人はいない。


だからこそ、騒音主をなんとかしようとするのではなく、逃げの一手なのだ。


逃げるで言えば真っ先に思い浮かぶのは「自分が引越しする」なのだが、
引越しした先にも騒音を出す人がいるかもしれない。
かもしれないのに多額のコストを払って引越しするのはリスクが大きすぎる。
余程お金があってマンションの最上階に引っ越せるなら別だが。


ここで出てくるのが耳栓とノイズキャンセリングヘッドフォンだ。


耳栓のメリット・デメリット

・メリット
安い
どこでも買える
寝てる時もつけてられる


・デメリット
必要な音も聞こえづらくなる
耳にずっと入れてるとちょっとかゆい

IMG_4907
耳栓をいろいろ探しているうちに、左右の耳の大きさが違うことに気づきいた。
右耳にレギュラーサイズ、左耳にSサイズを使っている。



ノイズキャンセリングヘッドフォンのメリット・デメリット

・メリット
映画やYoutubeなど、必要な音声は聞こえる
遮音性が耳栓より上


・デメリット
高額
睡眠時には使えない
充電が必要


ざっとあげるとこんな感じだ。


耳栓は安くてどこでも買えて耳の穴に深く入るから寝ている時も邪魔にならない。

ノイズキャンセリングヘッドフォンは寝てる時に横向きになれない。

イヤフォンタイプであっても邪魔になる。


そこで僕は無音で集中したい時や睡眠時は耳栓にしている。


耳栓をしていると何かしら音楽や動画を見るときには邪魔になるので、

日中の多くの時間はノイズキャンセリングヘッドフォンを使っている。

騒音を遮断して聴きたい音声は快適に聞こえるから。


3万円以上のヘッドフォンを買うのはバカバカしい、自分が悪いわけじゃないのに

なぜ俺がここまで出費しなければいけないのか」


と最初は思ったが、引越ししたり相手を変えるよりは遥かに楽。今ではとても快適だ。


IMG_4909
僕が使っているSONYのソニー ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3


とにかく、騒音とは戦っちゃいけない。払うコストに対して返りが悪すぎる。

賢く防御して快適に過ごそう。