PlayStation VRを買いました。
IMG_0755

約54,000円。高い買い物だと思いました。買うときは。

でももう、元はとりました。十分に!
このゲームのおかげで! 

Rez Infiniteの衝撃 
 
このゲーム、ホントすごいです。
PSVRを楽しもうとしたら、絶対やったほうがいい。

もともとこのゲームのことは知らなかったけど、せっかくのVR体験を楽しみたいと調べていたら見つけました。
昔はPlaystation2とかで発売されていたゲームを、VR向けに調整したものですね。

基本的にはシューティングゲームです。プレイヤーは奥行きのある空間を前進し、途中で出て来る敵を撃って撃墜していきます。
 


ふた昔前みたいなフレームワークの世界に入り込んで行きますが、プレイする前は疑問に思いました。

「こんなものがおもしろいのか?」と。

でもそれは杞憂でした。

目線誘導で敵を補足。そしてそして撃つ。テクノミュージックが基本のBGMですが、ボタンを押す、または敵を撃墜する、その動作一つ一つが音楽になります。ああ、耳に気持ちがいい。

ゲームを進めると、「レイヤー」と呼ばれるステージが進行していきます。この切り替わりのときの没入感がハンパないです。

重力を感じました。もちろん錯覚です。だけど、錯覚させるだけの没入感がある。これは凄い。

「おおおおおおっ!!」って声に出ちゃいました。

そして、こんな感じで1つのエリアに付き10のレイヤーがあり、それが5エリアある、と言った感じです。

ボリューム少ないように感じますよね?
でも本領発揮はここから

Area XがVRの本命!
 
Playstation VR向けに新たに作られたという「Area X」
これが衝撃なんです!このエリアを初体験した時に、

「あっ、これもうPlaystation VRの元とれたわ」と感じました。

先に紹介したArea1〜5は基本的に前進することしかできません。
それでも十分体験としては素晴らしいんです。 

しかし、このArea Xは360度好きな方向に移動できます。
この自由さ、癖になります。

今までも自由に飛び回れるゲームってありましたよね。
でもそれって、あくまでモニターの中を自由に飛び回っていただけという感覚でした。
少なくとも僕は。それでも自由だと感じていたんだけど、VRの場合は違います。
??????????? 2

自分を中心点として、360度の空間が広がっています。
ぐいっと方向転換すると、遠心力のようなものを感じます。もちろん錯覚で。それくらい脳が騙されます。感動モノですよこれは。
(推薦されたやり方じゃないけど、立って、あえて後ろ見たり上下見たりするとより浮遊感がありました。)
 

視線誘導で方向を定め、飛んで、敵を撃つ。中毒性のある音楽に自分も参加する。花火の中を飛んでいる様な、幻想的な世界。
23

VRって目も疲れるしヘッドセットしている頭も疲れる。でも、それでもRez Infiniteの世界にいたくなる。そんな感覚を味わいました。

VRってバーチャルリアリティのことですけど、リアルを超えてるんじゃないかとすら思いました。リアルでは、こんな体験できないもの。

Playstation VRを手にしたら、絶対やってみてください。損はしないです。ぜひ!

Rez Infiniteは、Playstation storeからダウンロード購入できます。
価格は3,400円(2017/8/4現在)