鬼滅の刃。感想です。ネタバレあり。

訴えかける雀!!のアオリが何故か笑える不思議さから始まる今回。チュンチュン言ってる雀の言葉をスグに理解する炭治郎。「何とかするから」という言葉にパアァと明るく一安心する雀。やっぱりこの雰囲気、今のジャンプで唯一無二、The One、The Only ですわ。
50

炭治郎、ギャーギャーうるさい男にかなり辛辣です。まだ鬼に対する方が優しいレベルです。

道端で求婚されていた女の子も、平手打ち一発かとおもいきや、殴る殴るで過剰防衛です。この漫画の登場人物は加減を知らないのか(笑)

女の子にボコボコにされ泣きわめく男を、ものすごい蔑み方をする炭治郎。やっぱり鬼に対する方がry
08

冒頭から結構なセリフ量ですが、そのほとんどを叫んでます。テンション高いですね。読み応えあって好きです。なんというか、ちょっと変な人達が変なテンションでやり取りしているのが、非現実的で、漫画らしくて、とても良いと思います。

過呼吸になる男、我妻というらしい。大丈夫かよそんなんで。カラスとスズメの戯れ。かわいい。
ちょっと場面転換があって、一気に空気が不穏になります。

匂いに敏感な炭治郎とは違って、我妻は音に敏感なようです。木陰に抱き合い身を潜める子どもを発見。怯える子どもに手乗り雀で安心させようとする炭治郎。手乗り雀かわいいな。でもそんなの全然慰めになっていない様子。
20

兄ちゃんが連れてかれた、怪我をしたと話す子どもたち。炭治郎すぐに、連れてかれた兄ちゃんが鬼にされることを連想しただろうなぁ。

音に敏感な我妻、また何かに気づきます。そして次第に聞こえてくる「ポンポンポン」という音。そして、家から放り出される人。あの子どもたちの兄ちゃんだよな?助かるんだろうか。助かって欲しいが…

怪我をしたり、死にそうになってたり、大切な人を傷つけられたり、鬼に痛い目に合わされた人の語る言葉が、結構ずっしりと思いんだよなぁ、この漫画。余裕が無い時には、難しい言葉選びをせず、絞り出して、最小限の言葉を発している感じがして、そこも好きなポイントの一つです。
50

そしてまた、ぎゅっと抱きしめる炭治郎。やっぱり優しい人だ。

鬼の吠える声と、小気味よくなる鼓の音が、テンポよく次週の週へ気持ちを向かわせてくれます。恐いけど、やっぱり気になるこの続き。今週も面白かったです。

それでは

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「鬼滅の刃」の感想や関連記事は こちら!

「僕のヒーローアカデミア」 の感想や関連記事は こちら!

「ワールドトリガー」の感想や関連記事は こちら!

漫画カテゴリでは単発で漫画の感想書いてます こちら!