祝!3周年だよワールドトリガー!ってことで、今週も感想書きます。ネタバレあり!

3周年バージョンのカラー画見ましたか!鹿!鹿でしたよ!僕昨日ちょうど動物園に行ってて鹿のう◯こがぽろぽろ出るところ拝んできたところなんです!最近ゴールデンカムイって漫画読んでるせいで、「あの鹿は美味しいだろうか… あっ、オソマ(アイヌ語でう◯この事)してる!」なんて思ったばかりなんです!まさか鹿が来るとは!鹿の角光ってたね!トリガーなのかな?これこそホントのトリガーホーンなんじゃなかろうか?

ってな感じで妙なテンションでございますが、本当にめでたいですね!一時期は休載が多かったこともあるし、実は結構心配してたんです。この先打ち切られたらどうしようって…

でも!大丈夫でしょう!大丈夫!

さて、先週は葉子と華の過去エピソードでした。それだけに葉子が修、遊真相手に一矢報いる舞台が整ったといった具合でしたね。適当に撃ってるように見えましたけど、まさかこの時点で”狙って”ワイヤー切ってたなんてねぇ。

一方、千佳VS照屋。照屋ちゃんが物陰に隠れているコマで、なんで板を切り出してるのか不思議に思っていました。察しの悪い僕はそのコマが来るまでわかりませんでしたが、物体に当たると反応する鉛弾(レッドバレット)の性質をうまく生かして、シールドにしたんですね。自分が空中に飛び出したときに狙われるのがわかっていたのか、一直線に千佳に向かって飛び出したことで、標的としての面積を小さくし、切り出した板で鉛弾(レッドバレット)を防いだと… さすが新人王を争った逸材、というところでしょうか。
55

鉛弾(レッドバレット)を防がれた千佳ちゃん。ちょっと汗かきましたが、秘策の鉛弾追跡弾(レッドバレットハウンド)で応戦です。ちょっとこれかっこいいじゃん。どす黒いキューブが空中に現れる異様感もさることながら、それが一斉に追いかけてくるなんて気味が悪い。それに、千佳ちゃんが鉛弾(レッドバレット)をこんな風に使っちゃったら、もう三輪の立つ瀬が無いじゃないかってレベル。でもでも、やっぱり大問題なのは、千佳ちゃん自身でとどめを刺せないことだよなぁ。いくら動きを止めたって、ね。その問題が解消してないからこそ、千佳が落とされる結末にしたんだろうけどね。
18

爆散するのを見てられないっていうなら、タイミングデバイス(試作)みたいなオプショントリガー開発してもらって、色んな所に時限爆弾みたいなメテオラかなんか仕掛けて、見えないところから爆破したらいいんじゃない?千佳のトリオンなら辺り一面平らに吹き飛ばせちゃうんじゃない?なんて思ったけど、漫画的につまらんかなそれは。

さて、場面戻って修&遊真VS葉子です。葉子さん、主人公になれるでしょうか。グラスホッパーで遊真めがけて跳びかかったと思ったら、ワイヤーをうまく使って修の首を一撃です。練習無しでワイヤーを応用できる葉子に出水も驚いてましたね。やっぱセンス”は”いいんだなぁ。
33

ベイルアウトしてしまった修ですが、出水は「メガネくんはタダじゃ落ちねーよ」と一言。太刀川隊の作戦室で唯我とバトルしてた時は使ってなかったはずのスパイダーですけど、それ抜きでもいろんなこと試してたのかな。タダじゃ落ちないと言い切れるだけの何かは最低限あったんだろうな。

出水の言うとおり、修の最後のスパイダーは葉子の動きを止めました。

そこで!でた!見たかった!鞭スコーピオン!ここ!ってところで使ってきましたねー!影浦との戦いで覚えた鞭スコーピオンを使わないことが逆に不自然に思われるほどつかって来なかった遊真だけど、スパイダーを応用した接近戦ばかり見せられてきた側にとって、意表を突く攻撃になりましたね!気持ちいです。
56

ということで、結構長かったVS香取隊、柿崎隊との試合もこれで決着です。玉狛第2が期待通り勝ってくれて嬉しいです。

来週は解説回かな?試合を見てたヒュースも何か語るだろうか?めっちゃ楽しみです!

それでは!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ワールドトリガー」 の感想や関連記事は こちら!

「僕のヒーローアカデミア」の感想も書いています こちら!

漫画カテゴリでは単発で漫画の感想書いてます こちら!