今週のワールドトリガー。感想です。ネタバレありです。

いやはや、なかなか妄想を掻き立ててくれる回でした。派手な回でないときもいろいろ想像したり妄想したりできるのがワールドトリガーのいいところですね。

ランク戦の開始前、まずは各部隊の作戦室の様子が描かれてました。玉狛第2の作戦室では、今回は他の部隊にスナイパーがいないことに触れ、千佳が勝負のカギだと話していました。割りと自信ありげに「うん!」と頷いた千佳でしたが、ライトニングレッドバレットにかなりの手応えを感じているんでしょうか。スパイダーを装備した修も自信ありげです。こりゃワクワクするな。
43

柿崎隊の作戦室。遊真のことを「いいやつそうだった」と表現した柿崎がそもそもいいやつそうだ。三つ編みの娘や虎太郎って名前の隊員がいて、隊服が柿色であることからすごく古風なイメージがある柿崎隊ですが、オペレーターも含め隊員みんな応援したくなる感じがします。構成だけじゃなく、受ける印象が本当に嵐山隊に似てるなー。清々しい。
57

対して香取隊の作戦室はギスギスしてますねぇ。無◯良品の人間を駄目にする椅子みたいなのにすわってスマホをいじっている隊長。アカンやろ。香取さんはあれかな?たいして頑張らなくてもそこそこやれちゃうが故に、頑張ることができないタイプなのかな?それとも、本当は見えないところで頑張ってるのに壁を超えられなくて、弱音も吐けない不器用な感じなのかな?後者だったらそれなりに萌えるけどなぁ。オペレーターの染井さんも淡々としてるし、なんでこの隊が続けていられてるのかよくわからんレベル。以前はこんな感じじゃなかったのかなぁ。
17

でもまあ、タコさんウインナーみたいな髪型は別にしてなんていうか、全体的に…そそるよね。ツンツンしてるのもまた新鮮。っていうか、そそるよねってゲスな書き方。

ってなところで、各部隊が転送され、ランク戦開始です。ステージは工業地区。死角の多さとマップの狭さから考えて、柿崎隊は素直にアタッカー有利なマップを選んできたという感じでしょうか。

いつもどおり開始時点で合流を目指す玉狛第2ですが、香取は遊真に突っかかりに行きました。これはどうなるだろうねぇ。遊真が負ける要素が無い気がするし、悪い意味で調子にのってたりチームワークを無視するような隊員はやられるのがワールドトリガー的にはセオリーなきがするのですが、どうだろうか?いきなり千佳のライトニングレッドバレットが決まるか?エース2人が固まっているところに柿崎隊が集まることもなさそうだから、そのまま1対1の戦いになるのか。

千佳が転送された場所から左下を見ると、見切れてるけどギザギザ頭が見える気がするんだよなぁ。これ柿崎隊長かな。だとしたら、柿崎隊の三つ編みの娘と挟まれてる状態だ。千佳がいきなり見つかって落とされるなんてことがなければいいけど。そして修はどう動く?まずはスパイダー張りに精を出すのか?
37

というわけで、今週も面白かったです。来週も楽しみ。

それでは!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ワールドトリガー」 の感想や関連記事は こちら!

「僕のヒーローアカデミア」の感想も書いています こちら!

漫画カテゴリでは単発で漫画の感想書いてます こちら!