ワールドトリガーの感想です。ネタバレあり!

前回から引き続き、遠征艇の格納庫前です。いよいよ今週で格納庫前の戦いに決着が付くんじゃないかなーと思いながらページをめくりました。

ガロプラ初登場から思っていたのですが、ガトリンのキャラが好きです。遠征に選ばれる隊員を率いているのだから当たり前かもしれませんが、一人ひとりを信頼している感じがいいです。ウェンにしろラタリコフにしろ、しっかり仕事をしているし、良い部隊だなーと思います。それだけに、ボーダーにはそんな良い部隊の更に上を行って欲しいという気持ちが読んでいるうちに強くなります。
IMG_4871

格納庫前の戦いは、互いに戦局を見極め、それぞれが自分の仕事をしっかりこなし、なにかのほころびで一気に戦局が一方に傾きそうな緊張感が感じられますね。

ガトリンの大砲がチャージされ、あとは撃つだけという場面。ガトリンはラタリコフに盾使い(村上)を引き剥がすよう命じ、攻撃が集中し始めた村上はレイガスト一つでドグやラタリコフの攻撃を凌ぐ。流石に厳しいと村上も思い始めますが、それでも凌ぐ。村上はランク戦の時にサイドエフェクトである強化睡眠記憶が強調されていたので、逆に「学習しないと強くない奴」というイメージがあったのですが、なんだかんだ言って凄い!個人的には攻めるより守る方がキツイイメージなので、ガトリンの砲撃を警戒しながらドグ複数とデスビニスを相手に「やられない」ってのはやっぱ凄いなーと。以前はラービットも複数相手にしていたしなぁ。
IMG_4872

ラタリコフと風間の戦いも面白かったですね!カメレオンの弱点(起動中は他のトリガーが使えない)ことはもうバレていて、それが逆に、相手に「場所さえわかればなんとかなる」という意識を持たせることになり、その思い込みを突いて自分の腕を囮にして攻撃。うーんお見事!風間があの攻撃をする時に遊真の事を思い出していたってのが嬉しい!
53

できればラタリコフの頭や胴体を狙いたかったんでしょうが、デスビニスでカバーされたためか両足と片腕切断にとどまりました。まあこれでもう動けないんだろうけど、ウェンもラタリコフもトリオン体が壊れるところまで描写されてないのがやっぱり気になる。ラタリコフはまだ壊れるまでに余裕あるとして、ウェンはすぐ壊れてもいいくらいのダメージだったと思うんだけど…絶対なんかあると思うなぁ。

太刀川は小南に「サクッと一発」というテキトーすぎる作戦を伝え、ガトリンとの戦いを続けます。で、そのサクッと一発ってのは「太刀川ごとガトリンを真っ二つ」というものでしたね。ワールドトリガーの世界ではよく使われる囮作戦でした。太刀川ってめっちゃプライド高そうに見えるけど、そうでもないんだよねぇ。感心するよ。
00

そして、連結した双月で一刀両断した時の小南がとてもかっこいい!横顔、背中、振り切った手、そしてついでにおしりと太もも!おしりと太もも!いいねぇ…

まあまあ、おしりと太ももは冗談としても、本当に気持ちのいい一発だ!もうこれで、遠征艇の防衛成功と思っていいのかな?まだなんかありそうな気もするけど、どうだろうか?
 
そして最後はレギンデッツ。公園で犬のお散歩中のようです。そこへやっぱり現れたヒュース。次回はどうなるんでしょうか?陽太郎も来るんだろ?来るんでしょ?来ないの?どうなの?
IMG_4875

んー気になります!ではまた!


※ちょっとした余談ですが、最近引っ越しの為新しい物件を探していまして、ちょっと予算オーバーの物件でいいのがあったんです。不動産屋の担当に推されて迷っている時に、ふと頭のなかで「退け、お前の収入ではこの物件は分が悪い。」というセリフが浮かんできて、思いとどまることができました。そうです、風間がエネドラにやられた直後、菊地原と歌川に言ったセリフをもじったやつです。ありがとう、風間さん!!ワールドトリガーは人生の先生にもなる素晴らしい漫画です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ワールドトリガー」 の感想や関連記事は こちら!

「僕のヒーローアカデミア」の感想も書いています こちら!

漫画カテゴリでは単発で漫画の感想書いてます こちら!