レギンデッツの逆襲を匂わせる前回からの続きです。ネタバレあり。

レギンデッツはなにか特別なことをするでもなく、市街を攻撃するように見せかけて、ボーダーに隙を作ろうとしたようです。しかし、ボーダーはあっさり見抜きます。迅の予知もあって、誰一人慌てない。仮にそうだったとしても冬島さんのワープで対処できるからオッケーオッケーってな具合で完全に無視されるレギンデッツくん… 先週はあれだけ何かありそうな感じで終わったのに。
IMG_4862
 
これは不憫だ、不憫すぎる…!もしこれ自分だったらと思うと泣けてくる。ワールドトリガーって本当に残酷よね。これでレギンデッツは終わりだろうか?でもそこで気になるのが陽太郎とヒュースの存在です。ウェンとコスケロが落とされ、恐らくガロプラ遠征艇の中にいるヨミには接触のチャンスが無いと思われる今、陽太郎が遭遇したりヒュースが接触するチャンスのあるメンバーはレギンデッツしかいないんですよねぇ… レギンデッツは今、噛ませ犬にもなってない状況だし、この個性的なキャラクターをこのまま終わらせるわけがないという気がするので、恐らく陽太郎やヒュースと何らかの絡みがあるんだろうなぁと思います。そこに迅も駆けつけるのかなぁ…と。
IMG_4863

さて、今週はバトルシーンが多めでしたよね。あっさり読めるけど読み応えはあるっていう感じでした。結構満足度高かったです。

ガトリンは3人を相手にしていても常にラタリコフのことを気にしているし、風間も太刀川たちをしっかり見ている。お互いが状況把握をしっかりしているおかげで、戦況は膠着状態になってきている、という感じか。
IMG_4864

トップアタッカーの4人は、普段同じ隊でもないのに連携がバッチリですなぁ。太刀川が旋空弧月で攻撃するかとおもいきや隙を見て村上がスラスターのレイガスト。小南がメテオラで追撃、そんでもってガトリンはその状況をすぐ理解する。強者同士の戦いです。ガトリンが村上を「一番邪魔な相手だ」と評価していることがなんか嬉しい。

3人の連携で攻撃しても崩せないガトリンを前にして、「ムカつく」と言う小南ですが、言葉と表情が裏腹ですよね。やっぱり冷静で頭がいいんだろうなぁ。「自信無くしちゃうぜ」と言う太刀川さんも全然思ってなさそう。

それにしても、「斧使い→盾使い→ヒゲ→若いの」の流れは笑いました。シリアスな流れなのに!(笑)その後風間は「子供なのに」なんて言われちゃってさ。おもしろいです。
IMG_4865

来週は遠征艇前の戦いが決着するんでしょうか?ガトリンは「相手は大砲を意識しているはず」と考えていて、そこに迅の予知「太刀川さんがぶった斬られる未来」をかけ合わせると、まだ別のトリガーを隠しているような気がしますよねぇ。考え過ぎかな。普通にバシリッサの鎌でってことかな?

来週も休載予定はないようだし、3月には14巻とデータブックの発売もあるし!楽しみが続きます!嬉しいね!

それでは!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ワールドトリガー」 の感想や関連記事は こちら!

「僕のヒーローアカデミア」の感想も書いています こちら!

漫画カテゴリでは単発で漫画の感想書いてます こちら!