みなさんこんにちは。改めまして、このブログを書いているしんたろです。

早いもので、2015年も今日で終わります。みなさんはどんな1年になりましたでしょうか。

以前にも書いたことがあるのですが、このブログは「自己表現をしてみたい」という昔からの欲求を叶えるために始めたものです。僕が言う自己表現というのはまだ「承認欲求を満たす」以上のものになっていないのが事実で、それはいいものではないなぁと思っています。

なおかつこのブログで書いていることは漫画や商品の感想であり、それはつまり「誰かが苦労して作ったものに対してごちゃごちゃ言っている」状態な訳で、自己表現の部類の中では最低ランクだと思っているわけです。感想というのは「自分の人生経験を元に感じたり想ったりしたこと」だと思うので、これも自己表現として問題ないとは思うんですけどね。

この前誰かが、「絵を描くというのは、息をするとか、飯を食うとかと同じようなものだ。特別なことじゃない」と言っていました。この感覚って凄いですよね。絵を描いたり、楽器を弾いたり、文章を書いたりすることを「生きる」と同列のことのように思えるレベルってことですよね。僕はまだまだそう思えていない。そう思えるものがあるのかどうかすらわからない状態ですからね。

文章を書いたり、絵を描いたりすることが生きることと同列の人にとって、その行為は承認欲求を満たすものではないんでしょうか。自己表現とも思っていないんでしょうか。

好きだからやっている、それがたまたま誰かに評価されただけだなんてアーティストの人もいたりするけど、そういう域に達しないと、表現活動するのは辛いのかもしれないですね。

ひとまず2016年は、もうすこし自然にブログ(というか文章)を書いたり、表現したりできるようになりたいなと思います。そうでもしないと、下手したら後60年くらい生きることになる人生がつまらなくなってしまいそうで怖いです。

消費だけではなく「生産」がしたいと思うのです。多くの人にとって、家族をつくつことが生産になるのだと思います。でも、なんだかそれは違うなぁという感じがしています。「違う」と感じる部分を説明できるようにならないと、誰かに読んでもらえる文章にはならないんだと思うんですが、まあ今日は大晦日ですから、あまり難しいことは考えないでおきます。

2016年はこういった文章も少しずつ増やしてみたいと思ってます。息を吸う様に、飯を食うように文章が書けるようになりたいと思います。

それではみなさん、良いお年を!