僕が今使っているパソコンはMacbook Proです。Late 2013モデルの発売日当日に購入してから、もう2年が経ちました。使い勝手にはそれなりに満足しています。そう、それなりに。
IMG_4773
 

今回の内容はMacbook Pro使いの僕が最近感じ始めている不満をつらつら書いていくものになります。言ってみれば愚痴です。

ちなみにスペックはこんな感じ。

Retina, 13-inch, Late 2013
CPU 2.4 GHz Intel Core i5
メモリ 8 GB 1600 MHz DDR3
グラフィック Intel Iris 1536 MB


・画面が小さい。
13インチのモニターは、普通にネットを見たり、文章を作成したりするのにはなんの不自由も無いが、ブログを書いたり、写真の編集をしたり、何かを作る作業をするときにはやはり小さいんですよね。解像度を上げれば表示領域は広くなるけど、文字が小さくなって見づらいし…

クラムシェルモードという機能があるけど、これをするにもモニターとマウスとキーボードを用意しなければならないし、Macbook Pro本体を閉じた状態でずっと電源をつけて置かなければいけないので、熱の問題が心配なのです。



・Retinaディスプレイの呪縛。
Retinaディスプレイって素晴らしいんですよね。とても綺麗に表示されます。特に文字。ドットがほとんど見えないレベルです。人って一度得た生活レベルを落とすのが難しい生き物ですよね。もう普通の液晶モニターでは満足できない体になってしまいました。これこそRetinaディスプレイの呪縛です。

上にも書いたクラムシェルモードでの運用も考えたんですが、やはりドットの粒がはっきり見える表示の粗さが気になってしまいます。

とは言え、4Kモニターを買う予算も無いし、そもそもパソコンモニターとして使うの20~30インチくらいのモニターでは4Kの有り難みがなかなか感じられそうにないし、それにせっかRetinaディスプレイのMacbook Proを持ってるのに、Retinaの恩恵を受けられないのはどうなのよ!?という気持ちにもなってしまうし…

やっぱりRetinaの呪縛です。



・ちょうどいい選択肢が無い。あっても高い。
基本的にはMacが好きです。なので次もMacをと考えているのですが、ちょうどいい選択肢が無いなぁと感じています。こっちはメモリが増設できない。あっちはディスプレイ大きい、などなど。カスタマイズできるけど、なんというか、円安の影響か全体的にApple製品って高いですよねぇ最近。そりゃ大昔に比べればだいぶ安くなったんでしょうけど…

普通のiMacはRetinaじゃないし、4Kや5KのiMacはRetinaだけど、そもそも高いよなぁという感じです。

じゃあMac miniにする?と考えても、2014モデルからメモリ増設不可になってしまったので、ちょっと厳しい。

いっその事windowsに戻ってしまおうか…なんて思ったりもします。



・ついていくのがめんどくさくなってきた。
一時期熱心だった頃は、Mac OSのアップグレードがあれば事前に情報を調べて、Time Machineのバックアップも完璧にして万が一があればダウングレードできるようにしておいて…なんて具合にやってましたけど、最近なんかはもう「毎年OSのアップグレードしなくていいよ…」とか、「写真アプリってなんだよiPhotoのままでいいよ…」とか、いちいち不満に思うことが多くなってしまいました。

不満と言っても大したこと無いんですけどね。「Appleいいな、使いやすいな」という気持ちのピークが過ぎてしまっただけで。

今はiPod touchとして使っているiPhone5も、「iOSをアップデートしてよ!」と毎日毎日小うるさく通知してくるしなぁ。


という愚痴でした。