先日からメタルギアオンラインをやり始めたんですよ。オンラインで誰かと対戦してもいつも負けるので辛いんですけど、せっかくなのでやってみました。

普通にやるだけだとつまらないので、一人遊びしながらやりました。その1人遊びというのが、「ワールドトリガーごっこ」です。

今回はスナイパーごっこをやります。スナイパーってかっこいいじゃないですか。ワールドトリガーの当馬なんか、ちょろっと出てきて美味しいところ持ってくでしょ?卑怯だよねー羨ましい!やりたい!

ということで、やってみましょう。


ちょっとだけ解説!
 
おそらくこの記事を読んでいる人は少なくともワールドトリガーかメタルギアオンラインのどちらかを知っていて、場合によっては両方知っている人だと思いますが、どちらも知らない人がいるかも知れないので、本題に入る前に簡単な解説を。

・ワールドトリガー:SFアクションバトル漫画。週刊少年ジャンプ連載。バトルシーンではFPSゲームのような戦略性あり。

・メタルギアオンライン:メタルギアソリッド5を基準にしたオンラインゲーム。BOUNTY HUNTERというモードでは最大12人、6対6のチーム戦でお互いのポイントを奪い合い、ポイントを奪いきるか、終了時点でポイントの多いチームが勝ちとなる。

つまり大雑把に言うと、僕の好きなワールドトリガーって漫画で行われている部隊同士の戦いと、メタルギアオンラインのBOUNTY HUNTERが似てるってことです。

それを踏まえて続きです。


スナイパーは相手に見つかったまま戦ってはいけない!
 
ワールドトリガーのA級隊員(要するにすごい人達)である当馬や奈良坂、ついでに佐鳥を想像しながらスナイパーごっこやります!と言いたいところですが、僕はまだまだ下手なので、新米スナイパーの千佳ちゃんのつもりでやります。小タイトルのセリフは、スナイパー訓練を開始した千佳ちゃんが師匠から与えられた教えですね。

さっそくその教えに従ってみましょう!

メタルギアオンラインでは「偵察クラス」というのを選ぶとスナイパーライフルが使えます。相手チームの隊員がどこにいるのか、索敵し、場合によりスナイプするって感じです(実際には索敵もせずアサルトライフルで突っ込んでいく人も結構いるけど…)。

スナイパーが索敵って状況、ワールドトリガーにもあるんです。
08
(ワールドトリガー4巻より)


ワールドトリガーみたいなレーダーはないけど、スコープで敵の位置を確認します。
BlogPaint
まずは高台を取って… スコープで索敵!


BlogPaint
見つけた!マーキング!これで見方チームの隊員も、相手の位置が把握出来ます。


BlogPaint
よーく狙ってスナイプ!よっしゃヘッドショット!(実は先ほどマーキングしたのとは別の敵&何回も撃ってようやく当たったのでした)


弾を当てたからって喜んでばかりはいられません(嬉しいけど!)。スナイパーは撃ったら走る!それが基本!(やられた人が報復にやってくる場合が結構あるのだ)
15
(ワールドトリガー4巻より)

DSC_0799
俺も走る!(このゲームは走るとレーダーに表示されるので、実際には中腰でコソコソ移動)


そして…
DSC_0800
やったー勝ったー!!!


BlogPaint
1キルしかしてないけどなっ!!!(黄色い枠のがわたしです)


まとめ

こんな感じでワールドトリガーごっこをしながら遊ぶと、弱くても楽しいです。でも欲を言うと、めっちゃスナイプしてやりたいです。それも当馬ばりに余裕かましてワンショットでヘッドショットできたら気持ちいいだろうなーと思います。要練習ですね。

PlayStation VITA用ソフトのワールドトリガー ボーダレスミッションのオンライン対戦よりは断然面白いです。

というわけで、「メタルギアオンラインをワールドトリガーのつもりで遊ぶと楽しい件」でした!ワールドトリガーしか知らない人はメタルギアソリッドに、メタルギアソリッドしか知らない人はワールドトリガーに触れてみてください。きっと面白いですよ!

それでは!