サンクトペテルブルクにいた時から怪しかった体調が悪化して、風邪をこじらせてしまいました。もともとタリンは2泊で済ませるつもりでしたが、鼻水が滝のように出る状態になってしまったため、3泊延長して風邪を治す作戦にしたのです。

ホステルの受付に事情を話しに行きます


僕「宿泊を3日間延長したいんだ。風邪がひどくなってね」

受付「大丈夫か?開いてる部屋は… あるね。だけど別の部屋だ。ベッドを移動してくれ。お大事に!」



ううう… 受付の人イケメンだよぉ… こんな俺の体調に気を使ってくれるなんて。

そんなこんなで3日間の延泊です。体調回復にはこれくらいの日数が必要と思えるほど調子が悪かったのです。


さて、体調回復のためのアクションが必要です。まずは風邪薬。日本出発時に母から風邪薬くらい持って行きなさい!と言われていたのを無視して出てきてしまったため、全く持っていません。まさかこんなに早く必要になるとは想定外です。

ホステルのスタッフに薬局の場所を聞き、薬を買いに行きます。幸いにもホステルからすぐ近くにありました。しかし、症状を説明出来なくては薬は買えません。とにかく「鼻水が止まらないんだ!!!!」という切実な思いを伝えたい。この気持を伝えたい。ググッて調べます。ありました。


My nose won't stop running!!!!!!!


とにかくコレが言えれば大丈夫だろう。英語が苦手なので何回か発音練習して薬局に向かいます。薬局のスタッフの人に話しかけます。流暢な英語で返してきました。タリンの人は英語が通じると聞いていたけど、評判通りでした。

さあ、覚えたフレーズを言う時だ、言うんだ…!!!


僕「まっ えーっと… まいのーず うぉうんと すとっぷ らんにんぐ(ボソボソ) あんど I have a fever」


ボソボソ!すごいボソボソで言ってしまった!恥ずかしくて余計に鼻水出るレベルでした。「熱もあるんだ」ってところだけちゃんと発音出来たと思います。

でも薬局のスタッフの人、優しく対応してくれました。無事に風邪薬をゲット。
IMG_1866
説明を効く限り、鼻づまり解消の薬と、熱を下げる薬らしい。


次は食事です。旅の途中は食事がいい加減になりがちなので、栄養のあるものを食べようという作戦です。スーパーに買い出しに行き自炊します。なんか果物をかじりながら作ります。
IMG_1864
IMG_1865
フライパンでにんにくと豚肉を炒め、そこに出来合いのミートソースを絡め、パスタにかけました。上出来だと思います。美味しかったなぁ。意識はもうろうとしていたけど、それだからこそ良く覚えています。


風邪を悪化させると大変なので、延泊した3日間はとにかく買い出ししてきた食材でしっかり食事を摂り、風邪薬を飲んで、後はずっと寝ていました。異国の地で、日本語を話す人は側におらず、精神的に少しきつかったですが、それでも現地の人は優しかったです。なんとか耐えることが出来ました。

さて、次回はいよいよ次の国へ移動します。行き先はラトビアかリトアニアか?

前回|次回をお楽しみに>