発熱問題で悪名高いXperiaといえばZ4ですが、僕のXperia Z3 compact(以下、z3c)も最近発熱していまして非常に困っていました。

z3cの購入当初は全く問題がなく快適だったのですが、Android OSをLollipopにした後から症状が出始めました。気が付くと本体が熱くなり、バッテリーも数分間の間に10%以上減る状態。 バッテリー持ちが一つの取り柄だったはずなのに…
IMG_4694

このままでは快適に使うことはできない!原因を見つけて解決しなければ!


僕は以前、テクニカルサポートの仕事をしていたことがあります。ここはその経験の活かしどころだ!…ということで、さっそくやってみましょう!

(結論を先に言うと「Lifelog」アプリの無効化だったのですが、それに至るまでの経緯を書いていきますね。)

問題解決の考え方。

スマートフォンでもPCでも、問題が起こったときにその原因がどこにあるのかを考える場合、そこには順序があります。

1.ヒューマンエラー
2.ソフトウェアの問題
3.ハードウェアの問題

この順番で疑っていきます。


1.ヒューマンエラーの可能性
 
まずはヒューマンエラーの可能性を考えてみましょう。ヒューマンエラーとはつまり、「使用者のミス」のことです。

使い方が悪い
設定を間違えている

…などですね。


GPS(位置情報)の設定、Wi-FiやBluetoothの設定など、発熱やバッテリー消費が大きい設定は考えられますが、問題がなかった頃から設定は変えていません。

なので、ヒューマンエラーの可能性は早々に排除しました。


2.ソフトウェアの問題の可能性
 
僕はコレが1番疑わしいと思っていました。

今回の発熱の異常、バッテリー消費の異常が発生したきっかけとして、(それが正しいかどうかは現時点で別としても)Android OSをLollipopにアップグレードしてからであったからです。

ここで考えられる可能性としては…

1.Android OSのLollipop自体に問題がある
2.特定のOSとアプリケーションの組み合わせに問題がある

のいずれかだと考えました。


いろいろ調べてみました。
まず見つけたのは、「Google Play 開発者サービス」が原因だという情報。試しにコレを一旦削除し再度アップデートしてみました。

…改善なし。


原因はコレではないようです。


次の情報は、「Photo Analyzer Service」が原因だという情報。コレも無効にしてみます。

…コレも改善なし。


今回の問題は、どうやら僕のz3c特有の問題かも知れないという疑いが出てきました。

となると自然に、ネットでいろいろ検索しても有効な情報が出てきません。ちょっと面倒でしたが、自分で色々やってみる必要が出てきました。


「Lifelog」アプリを無効化することで改善!
 
発熱とバッテリーの異常消費が問題で、その問題を起こしそうな原因を考えた場合、「常に動いているアプリ」が怪しいと考えました。

そこで目をつけたのが、「Lifelog」アプリだったというわけです。この辺りはもう勘ですね。
IMG_4695

Lifelogアプリは1日の運動や睡眠などを記録してくれるアプリで、使い込んでいたわけではないのですが、お試しで使っていた時期がありまして、使わなくなってからもアプリ自体は動いているはずですからね。


無効化の方法です。

1.設定 > アプリ > すべて と進みます

2.Lifelogを見つけて選択

3.「無効にする」をタップして無効化

Screenshot_2015-11-18-13-47-04
という順番です。

僕はLifelogアプリのデータも必要なかったのでデータ自体も削除しましたが、データはとっておきたいという人はまずは無効化だけでも試してみるといいと思います。


ただ…Lifelogアプリを頻繁に使っている人にとって無効化は困りますよね。その場合、アプリかOSのLollipopかどちらに原因があるかはわかりませんが、いつか来るアップデートで直ることを祈ることになりそうです。



まとめ
 
僕の場合、Lifelogアプリの無効化で改善したという内容でした。

考え方として重要なのは原因になりそうな要因の排除ということなので、人によっては違う原因があるかもしれません。

本当の原因というのは、「それがなぜ問題を起こしていたのか」という部分にありますが、1人のユーザーとしてそこまで特定することは普通は出来ませんので、この辺で良しとしましょう。


今回の問題が仮にハードウェアの問題だった場合、できることは修理しかありません。ハードウェアの問題と特定するには、原因になりそうなアプリの削除、設定の変更、必要に応じてAndroid OSの初期化をして初期状態で使ってみる。それでも問題が改善しなければ、ようやくハードウェアの問題になりますね。今回はそこまで至らなくて良かったです。


ということで、これからも使い倒すぞz3c!

それでは
関連記事