昔、あるテレビドラマの主題歌で「言いたいことも言えないこんな世の中じゃ〜」という歌詞がありました。ほんとポイズンな話です。

しかしながら、こうやってブログで何かしらの文章を書くようになって思うことは、「言いたいことを言う能力が無いと、言いたいことは言えないんだな」ということです。



言いたいこと ≠ 思ったことを思ったように言う
 
例えば、社会に対して何かしら不満があったとしても、はたまた本当に好きな映画や音楽、漫画なのがあってその魅力を誰かに伝えたいとしても、人に納得してもらえるよう思いを言う能力がないと、人はわかってくれないんですよね。当たり前のことですけど、ブログを初めて数ヶ月でようやく実感してきております。

僕が思う「言いたいこと」というのは、言ったことで誰かに伝わる。もしくは何かが変わるということです。コレがおかしいとか、あの作品は素晴らしいとか、そういった自分の思いをわかってもらうということで、思ったことを思ったように言うということとは違います。

僕は今彼女と同棲をしていますが、彼女は言いたいことを言うのがうまいです。本人がどう思っているかはわかりませんが、少なくとも僕は、彼女の言うことに納得して動くことが多いです。「〇〇してくれたら嬉しい」とか、「〇〇するともっといいと思うよ」とか、僕の無駄に高いプライドを傷つけないような言い方をしてくれます。僕が何かすると、それ自体が大したことではないと思えるようなことでもすぐありがとうといいますし、なんでもないような事をほめてくれたりもします。そのおかげで、彼女が嬉しく思うこと、嫌だと思うことが少しずつ分かるようになってきました。



言いたいことを言うには工夫が必要
 
言いたいことを言うっていうのは、そういうことだと思うのです。言い方を工夫して、表面上は言いたいことを我慢しているように思えても、求める結果の為に過程を工夫するというのが僕が思う、言いたいことを言う能力です。

仕事中はそれがある程度自然に出来ていたと思うのです。なにより成果が求められますから、客や上司に伝わるよう工夫していたはずです。それがプライベートになると、自分の我儘放題言いがちになってしまいます。でも、それでは伝わらない。

今後ブログをやっていくうえでも、プライベートでの人付き合いでも、気をつけたいポイントです。せっかくブログという、ある意味自由に発言できる自分のスペースがあるわけですから、数をこなして練習していこうと思います。



あなたは言いたいこと、言えてますか? 
 

ではまた。