今更ながらnasneを買いました。

DSC_0723
これ、なんで今まで買わなかったんだろうとすぐ思いました。便利すぎるよ〜!

簡単に良い所書いていきましょう。それと、nasneを買うにあたって心配してたことも。


1.テレビアンテナのない部屋でもテレビが見られる!

コレが1番のいいところ!

僕のうちはアパートのくせに2階建て(いわゆるメゾネット)になっているのですが、2階の自室にはテレビアンテナ差込口がなく、今までテレビが見れませんでした。しかし!nasneを導入したことにより、nasneをつなげた1階のWi-Fiルーターから2階のPlayStation4(以下、PS4)に飛ばし、ほぼリアルタイム(10秒未満の遅延はある)でテレビが見れます。もちろん、録画した番組も見れます。

これはいいね!ほんとにいい。自室でテレビが見たい、だけどアンテナ差込口が無い。そういう人におすすめしたいデバイスです。

 15
PS4で見る限り映像に劣化は感じられない。無線だとたまに映像がカクつくことがある(ホントたまにね)。有線にすれば安定するはず。



2.TVアプリケーションの「torne」が爆速でイイ!
 
番組表を見る、番組を検索する、録画予約をする。こういった1番使うであろう動作をするアプリケーションがtorneです(nasneはハードの名前。torneはソフトの名前)。これが非常に速い。今まで使っていたHDDレコーダーがめちゃくちゃ遅かったので、コレはほんとにありがたい。普段見ない番組でさえ録画予約したくなるレベルで速い。逆にHDDレコーダーなんであんなに遅かったのか不思議だ。

DSC_0739
画像はPS4のtorneアプリ。爆速です。左下のトルネフというキャラクターも憎めない奴でかわいい。

続いては心配だったことを。

録画中、裏番組の試聴はできるの?

結論から言うと、できます。 

壁のアンテナ端子からnasneのアンテナINにつなげ、nasneのアンテナOUTからテレビにつなげます。nasneで録画しているときは、テレビの入力を「地デジ」にして、裏番組を見る、ということです。
DSC_0727

色んなレビューやブログで、nasneで録画中は裏番組が見れないという書き込みがあって心配してましたが、それはあくまでtorneのテレビ機能ではできない、ということであって、テレビの入力切替で「地デジ」を選べば問題なく裏番組が見れるわけですね。

僕のうちの例で言うと、1階のテレビ(ナスネ経由でアンテナ線がテレビにつながっている)ではテレビ側のチューナーで裏番組が見れて、2階のテレビ(アンテナ線がテレビに繋がっておらず、torneのテレビ機能でしか試聴できない)では裏番組が見れない、ということですね。


細かいことも含めたまとめ

2階ではPS4を操作端末として使い、いままで2階にあったPS Vita TVを1階に移動して、torneを動かす端末として使ってます。

それはともかく大きなメリットは…

・テレビアンテナの無い部屋でもテレビが見れる。
・torneアプリケーションが爆速で快適。

このふたつだけで個人的には大満足。
他にもtorne mobileというアプリで外出先から録画予約が設定できるのも便利そうです。アプリ内課金でテレビ視聴機能を買えば、外出先からテレビを見ることもできます。PS Vitaに番組を書き出すことも可能です。


気をつけておきたい点は…
・チューナーが一つなのでW録画はできない(2台nasneを用意すればW録画可能)。
・録画中は録画中の番組しか見れない(テレビの入力を「地デジ」にすることで裏番組も試聴可能)。
などの制限はあるけど、それを差し引いてもメリットが大きいと感じてます。


まだ買って2日程度なのでもうちょっと使ってから更に詳しくレビュー記事を書くかもしれませんが、ひとまずかなり気に入ってます。おすすめですよ〜!