さ、今回はいよいよ!2週間滞在したロシアを出国し、エストニアのタリンへ向かいます。

バスのチケットはサンクトペテルブルクに到着したその日に入手済みです。

DSC01896
エストニアのタリンに向かうバスは16:30分発なので、それまで時間つぶし。サンクトペテルブルクのオープンカフェでお食事。ミートスパゲティを食べたというのに、写真を撮ってないという体たらくぶり。ブログに書くつもりが全く無かったことがこのことからもわかります。しかし、好物のコカ・コーラはしっかり撮影しております。

 
そしてバスターミナルへ移動。バックパックの重みを背中に感じながらの移動というのが、今後続くことになるんだなと思いながら、地下鉄に乗って移動します。

バスターミナルの売店で、余ったルーブルを出来るだけ使います。適当にお菓子を買いたいと思っても、売店のおばちゃんに話が通じません。売店の全面のショウケースに商品が並んでいて、それを選ぶのですが、なかなか通じないのでiPhoneで写真にとって、「これ、ムニェナーダ(I need)」と言って買いました。英語も通じないとコミュニケーションに苦労するけど、それはそれでなんとかなるもんです。


IMG_1836
 タリン行きを示す表示。屋根の下なので暗く見えますが、まだ周りは明るいです。

DSC01897
出発前のひととき。右に写っている女性は、バスに乗り込んだおそらく息子に一生懸命手を振っていました。息子さんは旅に出るのか、仕事で離れるのかわかりませんが、どこの国でも親しい人と別れる瞬間というのは辛いものですね。僕がこの旅に出るとき、空港まで見送りに来た母の顔を思い出しました。



しばらく走ると、ロシアーエストニア間の国境に着きました。正直無事ロシアを出国できるかどうか不安でしたが、何かしらあったほうが思い出になるかな?なんて強がって緊張を和らげていたのを覚えてます。

国境につくと、皆バスを降ろされ、出国審査のゲートに並びます。緊張を和らげようとトイレに言っていたら、出国審査の列に並び遅れ、最後尾になってしまいました。「俺が審査受けてる間にバスが出発したりしないよな???」なんて余計な心配をするはめになってしまった。

他の乗客はほぼロシアかエストニア人だったんでしょう。かなりスムーズに出国ゲートを抜けていきます。僕の場合、なんだかマジマジとパスポートを見られた気がする。緊張がそう感じさせるのか。感じよく、不自然にニコニコし過ぎないように、検査を受けます。結局何も問題なく出国!事時の安堵感と言ったら凄かった!ロシアにいる間緊張しっぱなしだったんだなと実感しました。

バスに戻ってちょっと走ると、今度はエストニア側の入国審査です。またバスを降ります警察犬付きの荷物検査を受け、無事入国!

ヨーロッパの旅2カ国目、エストニア入国です。

IMG_1840
入国直後に撮ったエストニア側の建物。何かわからないけど記念に。

IMG_1841
エストニアの田舎道の風景。故郷、北海道の景色に似てるなと思いつつ、ロシア出国の安堵感とともに眺める。こういった何気ない風景が記憶に残ったりするんだなー。

IMG_1842
エストニア、タリンのバスターミナル内。タリンを離れる日にまた来ることになる。


IMG_1843
到着時刻は21:00過ぎだったが、外はまだ夕暮れ。緯度が高いので日没が遅い。


IMG_1844
バスターミナルから旧市街近くのホステルまで歩いて移動。30分以上歩いた気がする。


IMG_1845
そしてやっとホステルのベッドへ到着!!


今回の宿はザ モンクス バンク ホステル(The Monk's Bunk Host)というところ。僕が行った時期はヨーロッパの大学生の夏休み時期だったらしく、結構騒がしかった。共有スペースにはビリヤード台なんかがあったしね。でも、旧市街に近く、細かいところに目をつぶれば結構いいところだった。
 
そんな感じで、移動に丸一日を費やした日でしたが、明日はタリン観光します!

では

前回|次回をお楽しみに>