先程までNHK Eテレで放送していた「ニッポン戦後サブカルチャー史II」を見ていました。サブカルチャーってのはまあ、おもしろいですよね。途中から見たので全部を把握出来てるわけではありませんが、なかなか興味深く見ていました。

で、そこで思ったのが、“俺の世代のサブカルチャーってなんだ?”ということ。



僕は割りとサブカルチャー寄りの人間だと思っていました。理由はいろいろあります。中高生の頃は友達と音楽の趣味が合わなかったとか、クリスマスやらハロウィンやらみんなが楽しんでいるイベントに全く興味が持てないとか、そんなことです。

僕は中学生の頃はCoccoが好きでした。ちょうど1stアルバムの「ブーゲンビリア」を聴き込んでいて、周りの友達のCoccoに対する評価は“ちょっと頭のおかしい人”って感じだったので、自然と僕も“音楽の趣味ではちょっと変な奴 ”という感じでした。高校生の頃はナンバーガールが好きで、これも周りに聴いている人がいなくて話が合わなかったし。

ただCoccoもナンバーガールも自分の周りに好みの合う人がいなかっただけで、全国的に無名って訳でもなく、そう考えると、全然サブカルじゃないなーと思うわけです。


ただ、じゃあメインカルチャーは?って聞かれるとそれもわかりません。今で言ったらEXILE?AKB?サブカルで言うとボカロ?んー、だったら1985年生まれ世代のメインカルチャーって?

なんだかわけがわからなくなってきました。今の時代趣味が多様化していて、メインとかサブとか曖昧になってる気もしますしね。

とりとめのない文章でしたが、深夜の思いごととして、たまにはこんなことも書いてみようと思った次第

では