メタルギアソリッド5 THE PHANTOM PAINをようやくクリアしました。

合計プレイタイムはちょうど100時間でした。いやー結構やったなー。今日はクリアした今感じている思いを書いてみようかな。感想ってやつですね。


映像、すごかったよねぇ
 
もともとメタルギアシリーズはPS1のころからプレイしていました。ですが、PS3のメタルギアソリッド4は発売してかなり経ってからプレイするなど、そこまで熱心にメタルギアシリーズのファンってわけでもなかったりします。しかし、PS4を買ってから、PS4の性能を存分に使ったゲームがプレイしたいと思っていて、それならメタルギアソリッド5はプレイしないわけにはいかんだろう!ということで発売日にゲットしたわけです。

最初の病院の時点ですごかったですよね。あのナースとか医者とか、本当に目の前にいるみたいだった。実際にオープンワールドの世界に出てからも、アフガニスタンの、言ってみればタダの砂漠や岩山地帯だけど、自分の目で実際の世界を見てるより綺麗に見えたもんね。(メガネかけるほどじゃないけど、そんなに目が良くないんです僕)

映像だけでも結構満足でした。


クワイエット、いいねぇ……
 
どんな技術だよ!と突っ込みたくなる感じで移動したり消えたりするクワイエット。最初に戦った時は苦労しました。しかし、バディとして使えるようになってから、ほとんどのミッションに同行させてましたね。そしてしばしば、遠くから双眼鏡でみながらクワイエットに呼びかけて「グッ」っとグッドサインさせておりました(笑)

装備やバディを選ぶ出撃準備の画面でも、メニューから出撃を選んだ時のちょっとだけ前のめりになるクワイエットが好きでした。

クワイエットはいろいろムービーも用意されていて、戦闘機を狙撃で落としちゃうシーンとか、英語をしゃべらない理由とか、塩素に飛び込むシーンとか、その他諸々カッコ良かったなー。それだけに離脱シナリオはショックだった。僕はゲームを一通りクリアするまで攻略情報を見ないので、離脱すること自体知りませんでした。しかもそのシリアスな離脱シーンのムービー(クワイエットがボスのために英語を喋ってヘリを誘導するシーン)の前、ミッションリトライの時に手が滑ってチキンキャップ被ったままクリアしてしまったので、シリアスなシーンが台無しになってしまったという…あれには後悔しっぱなしですよ。

いやはや、本当に好きなキャラクターです。クワイエット。



シナリオも嫌いじゃないよ
 
壮大なネタバレになりますが、ネタバレされたくない人はクリア後の人が書いた文章を読まないと信じて書いちゃいます。もうさんざんレビューでも描かれてますしね。

今回、ずっとBIG BOSSだと思って操作していたのは、実はメタルギアソリッド5 GROUND ZEROESでヘリに同乗していたメディックだった、というオチでしたね。「あーそういうこと…」って感じでした。なんか、いいんじゃない?歴史上の大物に影武者がいて、当のBIG BOSSはまた違うところで暗躍しているってのもなかなか好きよ。最初と同じ病院のシナリオをまたプレイさせるってのはちょっと面倒だったけどね。同じシナリオやらせるなら、どうせだったらあの包帯ぐるぐる巻き男の方をやってみたかったな。

そしてなによりクワイエット!なんで離脱してしまうん??????悲しいじゃないか!!!!クワイエット復帰の方法をたくさんググってしまったじゃないか!!!!

でも、失ったものは返ってこないんだよね。英語株を声帯に宿したクワイエットはきっとあのあと……いや、やめておこう。消失。そうだ、クワイエットは消失なのだ。それでいいのだ。

IMG_4659

シナリオは、嫌いじゃないです。喪失感を残していくこの感じ。嫌いじゃない。


総評
 
大満足でした。100時間遊べたしね。僕はつまらなかったらすぐやめちゃうし、払った金額の分元取ろうとして無理して遊ばないので、やりたくてやってこのくらいやれたら大満足。

Amazonのレビューでは未完成品だ!ってことで星1が大量についちゃってるけど、みんな厳しいんだなーという感想でした。


次はなんのゲームやろうかなー

では