2014年から北海道苫小牧市の中心部でやっている「活性の火」というフェスを知っていますか?

僕は今年初めて知りました。札幌から苫小牧までは車で1時間ちょっと。
向井秀徳アコースティック&エレクトリックと50回転ズを目当てに行ってきたので、ちょっとだけレポートします!



BlogPaint
↑会場の様子。色んな人の顔が写ってたのでモザイクかけてみました(笑)

活性の火公式webを見てみると、開催理念が書かれてありました
活性の火’15とは、音楽イベントを通じてにぎわいの創出を生み、苫小牧駅前中心街の活性を目指します。同時に、中心街活性へ向けての取り組みを広くアピールし、市民の方々にも関心を持っていただくきっかけになることを願っています。
 
いいですよね、こういうの!街中が寂しいのって、それこそ寂しいですしね!


見たライブの感想、このフェス自体の感想、短めに書きたいと思います!



・向井秀徳アコースティック&エレクトリック 
向井さんの姿を生で見るのは何年ぶりだろうか。かなり久しぶりだ。ナンバーガール時代から、僕の神様みたいな人。まあ、さすがに僕も大人になっちゃったんで、誰かを神様なんて言うのも恥ずかしいけどねw
ナンバーガール時代の名曲、ZAZENの曲、定番曲中心で、久々なこともあって感無量。個人的にはーとぶれいくのアコエレ版を聞きたかったので大満足! また北海道に来てほしいぜ!

・ザ50回転ズ
彼らも楽しみだった。昔ライジングサンで見た時から「彼らはやってる自分らが1番楽しんでるのでは?」と思ったけど、今回もそうだった。やってる本人達が1番楽しそうだった。そんな楽しそうにされたら、こっちも楽しむしかないでしょ!2日目のこの会場を1番盛り上げてたんじゃないかな!最高!

・Sleepy.ab
始めてみました。ゆっくりと、深々とsleepy.abの世界に入り込ませてくれたと思います。想像以上に良かった!

・KATSUO
渋かったなぁ。いい意味で。全く知らなかったのに、楽しんでしまった。技術がしっかりした上に熱もある!良いバンドでした。


ということで、本格的に楽しんだのはこの4つですかね。どれも良かったです。



さて、フェス自体の感想に移ります。


結論から言うと、ちょっと期待はずれでした。

入場料無料だし、今年で2年目だし、とても頑張ってる様子がブログやFacebookから見て取れたので、そもそも過剰に期待してたわけではなかったんですが、何ががっかりってやっぱりフードですよね。お腹すかせて、会場で美味しいもの食べよう、苫小牧にお金落とそうと思ったんだけど、いざ会場に着いてみたら、焼きそば、お好み焼き、焼き鳥etc…と、どこでもあるものばかり。なんとか他ではなかなか見ないホッキの焼きおにぎりを見つけて食べたのが美味しかったのが救いだった(これはほんとに美味しかった。熱々だったしホッキの風味も感じられたし)。フードはもっと頑張って欲しい。

あと、2日目のメインステージの大トリのバンドがちょっとな~という感じ。
InbiZiBuruって言うバンドで、初めて見たんだけど、このバンドのパフォーマンス自体は良かった。好みではなかったけど、演奏に熱意もあったし、良いライブだったと思う。そして、実行委員としてこのバンドを大トリに持ってきたのには理由があるってこともTwitterで見た。だけど、やっぱり大トリとしてはどうかと思った。演奏中のスタンディングゾーンにはほとんど若い人だけしかおらず、数少ない年配者がいても笑顔はなく、苫小牧中心街を活性化させようってメッセージのシメとするには雰囲気があってなかったと思う。若い人だけがわーっと騒げるのが活性化ってことじゃないだろうし、なによりサークルモッシュとか、その輪の中にいる人達は楽しかっただろうけど、最後の最後でスタンディングゾーンをすっかすかにしちゃっていいんすか?ってのが個人的な感想でした。


ということで、がっかりな部分もあったけど、楽しめたことは確かだし、これだけのイベントを実現した熱意は感じたので、来年も再来年も開催できるよう、頑張って欲しいと思います!