今日は前々から行きたいと思っていた札幌市青少年科学館に行ってきました!
いやー、プラネタリウムを除けば、展示品をちゃんと見たのって小学生のとき以来だと思うけど、思った以上に楽しかったです。
今日はその様子を少し紹介します。

DSC_0218
地下鉄東西線の終点、新さっぽろから徒歩ですぐのところにあります。
おそらく、札幌市内の小学校に通っていれば一度は来たことがあるはず。
懐かしい外観です。

DSC_0221
「四つのポンプ」と題された噴水?もありました。


入場します。
プラネタリウムと展示物のセット料金で1,000円でした。

プラネタリウムが始まるまで、展示物の見学をします。
DSC_0239-2
DSC_0226-2
地球や太陽系の成り立ち、宇宙のことが学べるコーナーです。
さすがに大人になれば知っていることも多い内容ですけど、再確認できることも多く、体験型の展示物もあって、思った以上に楽しめます!

DSC_0224
操作盤だけでわかりにくいですが、エアロバイクみたいなもので、それぞれ惑星のボタンを押すと、その星の重力が体験できます。
一番重くなるのはどの惑星だかわかりますか??

DSC_0228
こちらは触れる地球儀です。渡り鳥やくじらがどうやって地球上を移動するのか解説してくれます。
ためになるなー

DSC_0230
雪に関する展示物のコーナーへ移動しました。
ここでは、湿度や気温によって雪の結晶がどのような形になるか、実際に自分でシミュレートすることができます。
寒すぎでも暖かくてもきれいな結晶ができないことがわかります。

近くに人工雪を降らせる装置があるのですが、これはさすがに写真に撮りませんでした。
だって、実際に見てみて欲しいからです。綺麗だったなー。
スキー場にある人工雪の装置と違って、札幌市青少年科学館の人工雪装置はちゃんと結晶ができるようです。すごい!!!



その他、展示物はたくさんあって、プラネタリウムの時間を除くと2時間ほど時間がありましたが、それでも足りなかったです。これは予想外!十分だと思ってたのに。でも、また青少年科学館に行きたいと思いました。


プラネタリウムは、流星群の仕組みや、今日札幌市内で見られる星座の紹介と言った内容でした。
ほんと、星ってのはロマンがありますよねー!ずっと星だけ見て生活したいなーなんて思いました(笑)



と、言うわけで、青少年科学館は大人一人でも家族連れでもデートでも楽しめると思います。
みなさんもぜひどうぞー!!!