ブログを始めてから痛切に感じています。自己表現することの難しさを。

僕は昔から自己表現したかったのだと思います。
今でも尊敬する人物像は自己表現出来ている人で、小さい頃はわかりやすくミュージシャン、俳優、漫画家などの職業に憧れていました。

僕はもうアラサーですけど、未だに自己表現出来ている人に憧れているのです。




承認欲求ってのは厄介ですね。
自分の好きなことをやるというよりも、誰かに認めて貰えそうなことを無意識に探してしまう。
自分のやりたいことが、周りからも認めてもらえるなんてこと、そのほうが本来少ないのかも知れないですけどね。




僕の好きな漫画家に堀越耕平さんという方がいます。
このブログでも取り上げた、「僕のヒーローアカデミア」というマンガを書いている作家さんです。

この人のマンガは、以前ジャンプに連載されていた「戦星のバルジ」を読んで以来ずっと好きです。
戦星のバルジは残念ながら割りと早めに打ち切りになってしまいました。

それでも、いつかまたジャンプに戻ってきて欲しいと思っていたところ始まったのが「僕のヒーローアカデミア」なのです。
本当に嬉しかったなぁ。



堀越耕平さんは雑誌「ダヴィンチ」で、NARUTOの作者、岸本斉史さんとの対談の中で、「自分がたのしめるようにというのを第一に描き始めたのが『僕のヒーローアカデミア』なんです。」と話していました。

僕にはマンガは描けないけど、拙くても、自分の言葉でブログが続けていけたらいいなと思っています。