私、こう見えても彼女と同棲しています。

その彼女が今日から5日間ほど東京に遊びに行ってしまいました (泣)
一緒に暮らしていると時には喧嘩することもあったり、倦怠期を迎えたりするけど、5日もいないと思うとちょっと寂しいですね。

さて、今日はマンガレビューです。「喰う寝るふたり 住むふたり」
町田りつ子と野々山修一は交際10年、同棲生活8年目。
恋人以上、夫婦未満の三十路直前カップル。
そんなふたりに起こるちょっとした日常を
男女両方の視点から描いた恋愛ザッピングストーリー。

こんな感じで、彼女目線、彼氏目線、両方の目線から同じ出来事を描いていくマンガです。
同じ構成をとっているマンガが他にあるかどうか、ちょっとわからないけど、僕にとっては初めての作りだったので、とても新鮮でした。


同棲あるあるがいっぱい
彼女が料理作って彼氏は食器洗い担当とか、カップルによって色々違いはあるだろうけど、二人の間での役割が自ずと決まってきたりしますよね。

他にも……
・旅行先で喧嘩しちゃう
・誕生日プレゼントのマンネリw
・セックスレス
・金銭感覚の違い

などなど、こうやって書くと大したことの無い話題でストーリーが展開します。
大したことの無い話題なんだけど、「あるあるww」と思って一気に読み終えてしまいました。

上に箇条書きしたことはぱっと見ネガティブにしか見えないけれど、最後には気持ちがあたたかくなるような結末になるので、安心して読めます。

あと、詳細はあえて省くけど、世の中のカップルはお互い白目向き合ってふざけたりするんでしょうか?w
そんな描写がマンガの中にあります。
うちの彼女はたまに白目向いておどけたりするので、「あるあるうぅぅぅう!!w」って思ってしまいましたw



彼氏彼女と読んで欲しい!
全部で5巻なので、読みやすいです。
一気に読んだあと、彼女と一緒に読み直しました。
その後、仲良くやってます。

付き合いが長いカップル、同棲にマンネリを感じている方はぜひパートナーと一緒に読んでみてください!
パートナーがいない方も、同棲したらこんな感じなのか〜と思いながら楽しめると思います。

ぜひぜひ!