いきなりですけど、僕のヒーローアカデミアという漫画が好きです。

堀越耕平さんの作品は戦星のバルジを読んだのが初めてでした。
とても気に入ってジャンプで毎回読んでいたのですが、残念ながら打ち切りに。。。

でも、僕のヒーローアカデミアでジャンプに蘇りました。

IMG_4515
↑4巻表紙

 4巻は雄英体育祭の騎馬戦からスタート。
障害物競争で1位になった出久が1000万ポイントと言うぶっ飛んだ点数を獲得したため、
一気に狙われる立場です。

お?話がなんのことやらわからない?
そりゃそうですね、このブログで過去に書いたこと無いですから。

僕のヒーローアカデミアはジャンプ連載の少年漫画です。
突然変異によって全人口の8割以上が「個性」と呼ばれる特殊体質になり、
個性を持て余した人間は犯罪行為にその個性を使うようになります。
そこに登場したのが個性で悪を討つヒーローの登場です。

しかし、多くの人が何らかの特殊能力を持つ時代になったのにもかかわらず、
主人公の緑谷出久(みどりやいずく)は個性(能力)が出現しませんでした。
人一倍ヒーローと言う存在に憧れている出久ですが、個性が出現しなかったため
ヒーローになるのは現実的に厳しかったのです。

そこにNo1ヒーローのオールマイトが現れ、「君はヒーローになれる」と言います。

ってのが第一話の話し。
だいぶ端折りました。
コミックスで読んでみてください。
王道少年漫画です。
大人になって忘れかけていた少年心が蘇ってきます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「僕のヒーローアカデミア」 の感想や関連記事は こちら!

「ワールドトリガー」の感想も書いています こちら!

漫画カテゴリでは単発で漫画の感想書いてます こちら!