コスモノート

好きなことを、好きなように。

ヒロアカ7巻、通常版に続きCD同梱版も購入しました!くうぅ!!表紙が別バージョンじゃなかったら買ってなかったかもしれない!ドラマCDに手を出すのは今回が初めてでしたが、感覚的にはお布施に近いです。堀越先生の活躍をお祝いしよう!的な。でも結論から言って、買ってよ ...

ヒロアカも早いもので7巻発売です!めでたい!ということで、感想書いていきます〜収録は「No.54 :Reインゲニウム」から「No.62 爆轟勝己:オリジン」までです。7巻は最初から加筆、修正が凄いです。ジャンプ本誌で読んでても特に不満は無かったけど、より良くしようという意 ...

今週は巻頭カラーなヒロアカ。カラー扉絵もいい感じでした!では、本編の感想書いていきます。ネタバレあり。今週はおそらく、漫画内時間としては1~2分くらいの攻防だったと思います。バトルシーン中心でした。僕がジャンプでもうひとつひいきにしている作品であり、「(勝負 ...

太刀川達はどうなってる!?ヒュースは!?陽太郎は!?那須さんは!?と気になるところがたくさんあるのに、一気に読むことができないもどかしさを抱えておりますワールドトリガー。今週も感想書きましょう!ネタバレあり。まず書きたいのは笹森くんのこと。読んでて嬉しく ...

アニメのワールドトリガー感想です。ネタバレあり。とうとう原作展開に戻ってきたワールドトリガー。待ってました!原作のストックも少ないのでアニメがいつまで続くのかという心配はありますが、やはり原作がアニメで動くところをみたいです。最初の修の夢、おもしろかった ...

前回の続きから感想書いていきます。ネタバレありです。洸汰のピンチに駆けつけたデク、で終わっていましたが、今回は轟&爆豪組からスタート。なんかめっちゃ気持ち悪いヴィランと遭遇します。これもう初代プレイステーションのバイオハザードで初めてゾンビに遭遇するシー ...

今週もネタバレありの感想、書いていきます。前回は太刀川達とガトリン達の戦闘開始のところまででした。ガトリンは躊躇なく自分たちの目標=遠征艇を狙ってきます。すっごい威力で大砲をぶっ放してきましたねえ。素早く村上がカバーに入りレイガストで弾道をそらしてセーフ ...

こんにちは。今は一人暮らしじゃないけど、以前は一人暮らしをしていた男です。今回は、一人暮らしで、なおかつすこし自炊をするという方向けに書いてます。もしかしたら、もうそんなことやってるよーっていう人もいるかもしれませんが、もしやってない方がいたら役立つはず ...

さてさて、アニメの感想書いていきます。ネタバレあり。まるでRPGのラスボスみたいな形状になったギーヴとのラストバトルですね。一緒に戦おうとする修たちをトリオン兵で封じてゼノ様1人で戦いに行ってしまいます。焦ってます。四塚市に広がりつつあるトリオン兵を片付ける ...

さてさてヒロアカの感想いきましょー!ネタバレあり。最初からよくわかりにくい会話をしながら始まりました。サルミアッキって言葉が出たり普通に通じてたり、補習組と相澤先生の親和性は一体何なんでしょう。てっきりB組には補習組がいないのかと思ってたら、物間(笑)こい ...

2週間ぶりのワールドトリガーです。楽しみにしていました。感想書きましょう。ネタバレあるよ!玉狛支部に来てからいろいろな玄界グルメを食べているヒュース。今日はカレーを食べたようです。そのカレーの匂いをヒントにヒュースを追う陽太郎。雷神丸はちゃんと陽太郎の言う ...

さてさて、今週もアニメの感想です。市民全員が人質になった四塚市。実際なら世界中が大騒ぎになってそうですが、アニメの中じゃそんなに騒ぎになってない様子。もう結構時間立ってるじゃろ?報道やら消防やらなんやらのヘリが飛んできててもおかしくないはずですが、全く静 ...

過去はどうしても美化されやすいもので、誰かに褒められた、こんな実績を作った、自由に生きていたなどなど、どうもよく見えてしまいがちです。今回の話はそんな側面がないとは言えないのですが、僕が、自分自身が自由だと思っていた頃、何をするもの自由で、やろうと思えば ...

「人の役に立つのが本当に好き」「ありがとうと言われるとやる気が出る」こう言う人、結構いますよね。僕はちょっとこの感覚、わからないんだよなあ。そしてコレが仕事なり創作活動なり何かをするときのモチベーションになるという人の感覚がさっぱりわからない。仕事でお客 ...

アニオリのワートリもクライマックス感が出てきましたねー。あーだこーだいいながら観てきましたがそれなりに終わっちゃうのは寂しいなーなんて思ったりもします。さて今回はリリスのおかげでギーヴを一旦退けたあとからの話しですね。真っ暗な空間の中でドクターラミアから ...

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ