コスモノート

好きなことを、好きなように。

トクサツガガガ 第7巻の感想です。ネタバレあり。トクサツガガガの単行本を単独エントリで書くのは初めてです。以前、トクサツガガガおもしろいよーって記事をかいたことがありますけどね。さて、トクサツガガガですが、この作品も大好きな漫画の一つです。笑えて、泣けて、 ...

鬼滅の刃、感想です。ネタバレあり。鬼舞辻の呪いによってゴキゴキグシャグシャべキッっとバラバラになってしまいました。珠世様が、鬼同士の戦いがどういうものかを語る最中、愈史郎が「(お前ごときが)珠世様の術を吸い込むなよ 人体には害が出る」と(カッコ内は僕の想像 ...

僕のヒーローアカデミア。感想です。ネタバレあり。オールマイトがヒーロー活動を引退し、ベストジーニストは活動を休止し、ラグドールは個性を失い、街は大きな被害を被り… オール・フォー・ワンが沈んだ後も、なかなか深い傷跡が残りましたねぇ。でも!今週は!家庭訪問が ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。地味回です。とても地味。次週の城戸司令の一言につなげる壮大な前フリ回って感じですね。っつっても、ワールドトリガーには必要な要素です。だけど!だけどやっぱり地味ですねぇ。ヒュースを玉狛第2に加入させたいということで、 ...

鬼滅の刃、感想です。ネタバレあり。今週は扉絵がありました。なんでしょうか。いわゆる絵がめちゃくちゃ上手いで売ってる作家じゃないと思いますが、1ページ潰れても扉絵があったほうが嬉しかったりします。作品に対する想像を掻き立ててくれるからでしょうか?「刀を抜いて ...

僕のヒーローアカデミア、感想です。ネタバレあり。一つの区が半壊ってのが、戦いの激しさを物語っています。多少大げさに書かれていたとしても、被害自体はとてもおおきかったようですね。警察の幹部?と思われる人たちの会話が続きます。おやおや?ヒロアカ、ちょっとハー ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり!ランク戦も終わり、解説回も終わり、いよいよヒュースの玉狛第2加入へ向けてストーリーが展開していきくようですねぇ。鍋からあふれんばかりの具が漫画チックなお鍋をつつきながら、祝勝会を開く面々。迅さんは暗躍もすれば飯の用 ...

みなさんちくしょうこんばんは!ワールドトリガーが休載の月曜日!いかがお過ごしですかっ!? ヒロアカの感想も同じ書き出しをしました。鬼滅の刃、感想です。ネタバレあり!さてさて、今週も最初のページから飛ばしてますねー!自分が何かを必死にやっていて、横からアドバ ...

みなさんちくしょうこんばんは!ワールドトリガーが休載の月曜日!いかがお過ごしですかっ!?僕のヒーローアカデミア!感想です!ネタバレあり!オールマイトの左パンチがオール・フォー・ワンに決まって、マスクが弾け飛んだシーンからの続きです。右腕のパンチで勢いを殺 ...

鬼滅の刃、感想です。ネタバレありです。今週はセンターカラーでしたね!とってもいい絵でした。吾峠先生と呼ぶことにします。吾峠先生の描く女性の伏し目がちな感じ、いい色気が出てますねぇ。愈史郎なんかは気難しい感じがよく表れてます。眉に。毬で炭治郎たちの居場所を ...

僕のヒーローアカデミア。感想です。ネタバレあり!もうなんかここ数週のヒロアカは読んでてつらいですねぇ…オールマイトォ…なんだか、ヒーロー物のストーリーって、ヒーローがやられそうになるのって結構お約束じゃないですか。もしくは闇堕ちしかけたりして、でも仲間や ...

ワールドトリガー。感想です。ネタバレあり!毎度毎度のランク戦後のお楽しみ、解説回ですね!試合が終わってみんなとハイタッチしたり肩くんだり、とてもほほえましいし栞ちゃん可愛いです。 玉狛の新技が盛りだくさんだったと話す出水。修に「おもしろいもん見せてくれる ...

鬼滅の刃 記念すべき第一巻の感想です。ネタバレありです。表紙、背表紙、裏表紙ともに、丁寧な作りで好感が持てます。和の雰囲気が素敵です。表紙の禰豆子は口を大きくあけて牙を見せてますが、「鬼の習性としてそうしているだけ、でもお兄ちゃんのことが好きなのだ」という ...

僕のヒーローアカデミア 9巻感想です。ネタバレあり。いろいろとタイミングを逃してしまって8巻の感想は書けなかったのですが、9巻はちゃんと書けそうです。冒頭からいきなりこんなこと書くのもなんですけど、最初のページの梅雨ちゃんがそそりすぎる…なんて絵を描くんだ! ...

ワールドトリガー 15巻の感想です。ネタバレあり!表紙は太刀川さん!いつも余裕たっぷりの表情がカッコいいっす。今回は迅の予知でぶった斬られるのがわかっていて、それを小南から聞いても「楽しみになってきた」と言うほどでした。太刀川さんが余裕な態度なのは以前からそ ...

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ