コスモノート

好きなことを、好きなように。

ワールドトリガー、休載が続いてますね。 約1年放置してたこのブログですが、放置前の最後の更新が休載前の話だったので、ずいぶん長く感じます。 でもでも、ずーっと再開を楽しみにしてます。 スプラトゥーンとかやってても、シューターガンナーのメリットは、遠距離から ...

鬼滅の刃、ますますおもしろいっすね。 読んでます。ブログは放置してたけど、ちゃんと読んでます。 ここ数話でとにかく心をえぐり取っていったのは、煉獄さんの死に際だよ。あれは泣いた。文字通り泣いた。涙がこぼれた。 あれだけまっすぐに「信じる」と言ってくれる存在 ...

うっかり残業地獄の仕事についてしまったため、ブログ更新の気力をすっかり無くしてしまっていたのですが、しれーっと再開してます。 さて、僕のヒーローアカデミアですが、相変わらず楽しく読んでます。と言うか、月曜の朝はこれを読まないと始まらないです。多少マンネリ ...

小泉さんがかわいい。小泉さんがかわいい。ショートカットの女の子が好きなんだけど、ここ数年でずば抜けてかわいい。小泉さんがなんてったってかわいい。スローモーションをもう一度 4 (ビッグコミックス)posted with ヨメレバ加納 梨衣 小学館 2017-07-28 AmazonKindle ...

さて、しれーっと再開した当ブログですが、最初のネタはXperia Z3 Compactのタッチ切れを修理した!です。 今はメインスマホとしてiPhone7を使っていますが、以前使っていたXperia Z3 Compact(以下、Z3C)はサブスマホ兼ウォークマンとして使っていました。しかしながら、 ...

みなさんこんにちは!読んでいる人がいるかどうかわからないですが、約1年ぶりの更新です。 昨年の今頃、残業がとても多い仕事に就いてしまった事をきっかけに、ブログを放置してしまいました。 それでもひと月1万以上のアクセスをいただいていたようです。ありがたいです。 ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。今回も引き続き作戦会議回ですね。王子隊の作戦会議がメインで話がすすみます。王子隊長が、各隊の隊員を独特の名前で呼びます。アマトリチャーナッ!王子という名前ですし、プライドが高くて、感性が他の人間と違っていて、まあ ...

鬼滅の刃。感想です。ネタバレあり。  イノシシ男は炭治郎いわく、「猪の皮を被って」いる様子。なんだ、人間だったか。のこぎりみたいな刀は、見ているだけで鳥肌がたちます。まだ切れ味するどい刀で切られたほうがマシだね。 戦闘狂なイノシシ男と、鬼と、炭治郎の三つ巴 ...

もう次号のジャンプが出るってタイミングですが、僕のヒーローアカデミア、感想です。ネタバレあり。サブタイトルが「さよなら二桁 これから三桁」でした。日常回だからこそつけられたタイトルって感じですね!今回も引き続き女子たちが可愛い。とっても可愛い。葉隠さんはち ...

鬼滅の刃。感想です。ネタバレあり。前回投げ出された人物は、どうやら子どもたちの兄ではなかったようです。てっきり勘違いしてました。屋敷に突入するぞと善逸に声をかける炭治郎ですが、案の定、善逸は怖気づきます。吾峠先生が書く情けない顔っておもしろいなー。善逸が ...

僕のヒーローアカデミア。感想です。ネタバレあり。前回、オールマイトの説得により、デクママもデクの入寮を認めたました。そして、デクが家を出る朝。はぁぁ、なんだか自分が実家を出た時のことを思い出しますねぇ。その時は友達に引っ越しを手伝ってもらいましたが、見送 ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。前回で会議回は終わり、今回はランク戦前の作戦会議回ですね。小南はよく修をヘッドロックしますが、食事中にヘッドロックするってのがなかなかの鬼畜です。それでもいい、僕にもやってほしい。羨ましいです。ってか小南は千佳が ...

鬼滅の刃。感想です。ネタバレあり。訴えかける雀!!のアオリが何故か笑える不思議さから始まる今回。チュンチュン言ってる雀の言葉をスグに理解する炭治郎。「何とかするから」という言葉にパアァと明るく一安心する雀。やっぱりこの雰囲気、今のジャンプで唯一無二、The O ...

僕のヒーローアカデミア、感想です。ネタバレあり。オールマイトが家に来た時はぎくしゃく緊張していたデクママですが、いざ息子の安全のためとなると、ガツンと言うお母さんです。モンスターペアレンツでもいい、というふうにお母さんはいいましたが、全然そんなことはない ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。個人的に、前回はなかなか盛り上がれなかったのですが、今回は盛り上がりました。今までの玉狛第2が執念深くA級を目指していたことから、当然遠征にはA級部隊だけが参加するんだろうと思い込んでいたのですが、千佳を連れていくこ ...

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ