コスモノート

好きなことを、好きなように。

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。今回も引き続き作戦会議回ですね。王子隊の作戦会議がメインで話がすすみます。王子隊長が、各隊の隊員を独特の名前で呼びます。アマトリチャーナッ!王子という名前ですし、プライドが高くて、感性が他の人間と違っていて、まあ ...

鬼滅の刃。感想です。ネタバレあり。  イノシシ男は炭治郎いわく、「猪の皮を被って」いる様子。なんだ、人間だったか。のこぎりみたいな刀は、見ているだけで鳥肌がたちます。まだ切れ味するどい刀で切られたほうがマシだね。 戦闘狂なイノシシ男と、鬼と、炭治郎の三つ巴 ...

もう次号のジャンプが出るってタイミングですが、僕のヒーローアカデミア、感想です。ネタバレあり。サブタイトルが「さよなら二桁 これから三桁」でした。日常回だからこそつけられたタイトルって感じですね!今回も引き続き女子たちが可愛い。とっても可愛い。葉隠さんはち ...

鬼滅の刃。感想です。ネタバレあり。前回投げ出された人物は、どうやら子どもたちの兄ではなかったようです。てっきり勘違いしてました。屋敷に突入するぞと善逸に声をかける炭治郎ですが、案の定、善逸は怖気づきます。吾峠先生が書く情けない顔っておもしろいなー。善逸が ...

僕のヒーローアカデミア。感想です。ネタバレあり。前回、オールマイトの説得により、デクママもデクの入寮を認めたました。そして、デクが家を出る朝。はぁぁ、なんだか自分が実家を出た時のことを思い出しますねぇ。その時は友達に引っ越しを手伝ってもらいましたが、見送 ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。前回で会議回は終わり、今回はランク戦前の作戦会議回ですね。小南はよく修をヘッドロックしますが、食事中にヘッドロックするってのがなかなかの鬼畜です。それでもいい、僕にもやってほしい。羨ましいです。ってか小南は千佳が ...

鬼滅の刃。感想です。ネタバレあり。訴えかける雀!!のアオリが何故か笑える不思議さから始まる今回。チュンチュン言ってる雀の言葉をスグに理解する炭治郎。「何とかするから」という言葉にパアァと明るく一安心する雀。やっぱりこの雰囲気、今のジャンプで唯一無二、The O ...

僕のヒーローアカデミア、感想です。ネタバレあり。オールマイトが家に来た時はぎくしゃく緊張していたデクママですが、いざ息子の安全のためとなると、ガツンと言うお母さんです。モンスターペアレンツでもいい、というふうにお母さんはいいましたが、全然そんなことはない ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。個人的に、前回はなかなか盛り上がれなかったのですが、今回は盛り上がりました。今までの玉狛第2が執念深くA級を目指していたことから、当然遠征にはA級部隊だけが参加するんだろうと思い込んでいたのですが、千佳を連れていくこ ...

トクサツガガガ 第7巻の感想です。ネタバレあり。トクサツガガガの単行本を単独エントリで書くのは初めてです。以前、トクサツガガガおもしろいよーって記事をかいたことがありますけどね。さて、トクサツガガガですが、この作品も大好きな漫画の一つです。笑えて、泣けて、 ...

鬼滅の刃、感想です。ネタバレあり。鬼舞辻の呪いによってゴキゴキグシャグシャべキッっとバラバラになってしまいました。珠世様が、鬼同士の戦いがどういうものかを語る最中、愈史郎が「(お前ごときが)珠世様の術を吸い込むなよ 人体には害が出る」と(カッコ内は僕の想像 ...

僕のヒーローアカデミア。感想です。ネタバレあり。オールマイトがヒーロー活動を引退し、ベストジーニストは活動を休止し、ラグドールは個性を失い、街は大きな被害を被り… オール・フォー・ワンが沈んだ後も、なかなか深い傷跡が残りましたねぇ。でも!今週は!家庭訪問が ...

ワールドトリガー、感想です。ネタバレあり。地味回です。とても地味。次週の城戸司令の一言につなげる壮大な前フリ回って感じですね。っつっても、ワールドトリガーには必要な要素です。だけど!だけどやっぱり地味ですねぇ。ヒュースを玉狛第2に加入させたいということで、 ...

鬼滅の刃、感想です。ネタバレあり。今週は扉絵がありました。なんでしょうか。いわゆる絵がめちゃくちゃ上手いで売ってる作家じゃないと思いますが、1ページ潰れても扉絵があったほうが嬉しかったりします。作品に対する想像を掻き立ててくれるからでしょうか?「刀を抜いて ...

僕のヒーローアカデミア、感想です。ネタバレあり。一つの区が半壊ってのが、戦いの激しさを物語っています。多少大げさに書かれていたとしても、被害自体はとてもおおきかったようですね。警察の幹部?と思われる人たちの会話が続きます。おやおや?ヒロアカ、ちょっとハー ...

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ